1. HOME
  2. 導入事例
  3. キャリアグレードDHCPサーバー「XACK DHCP」 公衆無線LANサービス「Wi2 300」の基幹システムとして採用

CASE STUDY

XACK DHCP

2016年11月22日

キャリアグレードDHCPサーバー「XACK DHCP」 公衆無線LANサービス「Wi2 300」の基幹システムとして採用

企業名 キャリアグレードDHCPサーバー「XACK DHCP」 公衆無線LANサービス「Wi2 300」の基幹システムとして採用
導入の経緯

株式会社XACK(読み:ザック、東京都千代田区、代表取締役:北川 晴隆)の自社開発製品である、キャリアグレードDHCPサーバー「XACK DHCP」が、株式会社ワイヤ・アンド・ワイヤレス(以下 Wi2)が提供する「Wi2 300」や、訪日外国人向けのFree Wi-Fiサービスである「TRAVEL JAPAN Wi-Fi」を支える基幹システムの一部として、採用されました。

Wi2は、日本全国の幅広いエリアで、無線LANサービスを提供しています。また、「Wi2 300」では、一部エリアにて、次世代無線LAN規格「11ac」を含むアクセスポイントをエリア展開しています。「XACK DHCP」は、通信事業者向けの特別な仕組みがあり、Wi2の提供する、高品質な無線LANサービスにてサービス利用者の快適なインターネット接続に貢献します。

Wi2は、2017年1月を目途に、「XACK DHCP」が導入された無線LANサービスシステムの運用開始を予定しております。

<<株式会社ワイヤ・アンド・ワイヤレス(Wi2)について>>
株式会社ワイヤ・アンド・ワイヤレス(Wi2)はKDDIグループにおいて「公衆Wi-Fi専門事業者」に位置付けられ、自社ブランドで展開する公衆無線LANサービス「Wi2 300」をはじめ、「au Wi-Fi」の役務提供を行う通信事業者です。また、多くの企業・自治体へWi-Fiサービス提供実績をもち、日本国内20万か所以上のWi-Fiスポットの運営を行っています。
近年は、増加する訪日外国人向けの通信環境改善を目的とし自社の運営するWi-Fi スポットへの無償自動接続機能等を提供する「TRAVEL JAPAN Wi-Fi」サービスを立ち上げるなど、インバウンド事業も行っています。

導入製品 DHCPサーバー「XACK DHCP」