1. HOME
  2. 導入事例
  3. NTTドコモ「docomo Wi-Fi」サービス  〜EAP-SIM・EAP-AKA対応「XACK RADIUS」が支える安定稼働〜

CASE STUDY

XACK RADIUS

2014年12月09日

NTTドコモ「docomo Wi-Fi」サービス  〜EAP-SIM・EAP-AKA対応「XACK RADIUS」が支える安定稼働〜

企業名 株式会社NTTドコモ
導入の経緯

株式会社XACK(読み:ザック、所在地:東京都千代田区、代表取締役:北川 晴隆)が提供するEAP-SIM・EAP-AKA対応「XACK RADIUS」は、株式会社NTTドコモ(以下 NTT ドコモ)が提供する公衆無線LANサービス「docomo Wi-Fi」のRADIUSサーバーに採用され、システム運用開始以降、安定して稼働しております。

 NTTドコモは、2013年10月より同社公衆無線LANサービス「docomo Wi-Fi」で、EAP-SIM・EAP-AKA認証(以下 SIM認証)を開始しました。

 SIM認証の導入前は、docomo Wi-Fiで無線LANを利用するには、スマートフォンにIDとパスワードを事前に設定しておく必要がありましたが、 SIM認証対応のスマートフォンでは、事前設定の必要なくWi-FiをONにするだけで利用できるようになりました。

 また、EAP-SIM・EAP-AKA対応「XACK RADIUS」は、機能拡張性の容易さなどもご評価いただいております。

 XACKは、今後も通信事業者のハイレベルなご要望に応え、通信事業を共に支えていくことのできる、高性能かつ高付加価値なソフトウェア製品を提供して参ります。

<<docomo Wi-Fiについて>>
NTTドコモが提供する、全国121,200エリア、150,700アクセスポイント(2014年12月時点)で利用することができる、国内最大規模の公衆無線LANサービスです。

導入製品 EAP-SIM対応「XACK RADIUS」