RADIUSソリューション

XACK EAP Tester

SCROLL

RADIUS専用に、
RADIUSのプロが開発した、
様々な利用シーンの検証・試験に
幅広く対応する
RADIUSクライアント
シミュレーター

XACK EAP Testerを用いた、正常系検証・異常系検証・性能・負荷試験・異常系の混在のイメージ画像 XACK EAP Testerを用いた、正常系検証・異常系検証・性能・負荷試験・異常系の混在のイメージ画像

XACK EAP Tester
の特徴

XACK EAP Testerは3つの特徴を備えたRADIUSクライアントシミュレーターです。
RADIUS専用に、RADIUSのプロが開発した、様々な利用シーンの検証・試験に幅広く対応します。

RADIUS専用

RADIUSに的を絞ることで
低価格を実現

  • 使わないプロトコルが多数搭載された、高価で汎用なパケットジェネレータ導入を不要に
  • シナリオによる検証から性能・負荷試験までを1本で対応

運用の容易性で
試験・検証コストを低減

  • シーケンスやパラメータを書いていくだけの直感的なシナリオ作成
  • 日本語のマニュアルも充実
  • CLIツールのため、作成したシナリオを自動試験などに組み込むことも容易
  • 作成したシナリオが性能測定にも転用可能

RADIUSのプロが開発

弊社RADIUSの試験に
使うことを念頭に

  • RADIUSのプロフェッショナルがより詳細に、より柔軟に、かつ手軽に試験するために作られた強力なツール

別の立場の
「RADIUSのプロ」も認める

  • 本ツールの多機能さ、柔軟性、有用性に対する評価は高く各種通信キャリア様など、サービス提供者としてのRADIUSのプロにも認められ導入されている
  • 弊社RADIUSの導入に際してのみでなく、他RADIUSソフトウェアを利用している環境でも利用されるなど、多様な環境での実績

幅広い用途

EAPにも対応した豊富な認証方式
  • EAP-TTLS, PEAPをはじめ、EAP-SIM, EAP-AKA, EAP-AKA’ などのSIMカード系の認証にも対応。
  • EAPを使わないPAP, CHAP, MS-CHAPv1/v2 などの含む幅広い方式もサポート。
  • TLSによる暗号化通信はTLS1.0~1.2が利用可能。
細やかな検証機能
  • 動作検証を目的としたシナリオモード、性能検証を目的とした性能モード、作成したシナリオを用いて性能検証を行う混合モードの3モードを搭載。
  • シナリオモードでは各アトリビュートの値ひとつひとつまで設定、検証が可能。MS-MPPE-(SEND/RECV)KEYなどの可変値も自動計算して照合。
  • 性能モード・混合モードでは毎秒の認証数、1認証にかかった平均時間や最大・最小の認証時間、タイムアウト率など様々な統計を出力。

付録

対応認証方式

SWIPE

認証方式 TLSトンネル内で対応する認証方式
EAP-TTLS PAP
CHAP
MS-CHAPv1
MS-CHAPv2
EAP-MS-CHAPv2
EAP-MD5
EAP-GTC
LEAP
PEAPv0
PEAPv1
EAP-MS-CHAPv2
EAP-MD5
EAP-GTC
LEAP
認証方式
EAP-TLS
EAP-AKA
EAP-AKA'
EAP-SIM
EAP-MS-CHAPv2
EAP-MD5
EAP-GTC
LEAP
PAP
CHAP
MS-CHAPv1
MS-CHAPv2

シナリオ例

シナリオ例の関連画像

性能・混合モード出力例

性能・混合モード出力例の関連画像